TOP > スクラバー > スクラバーという装置

スクラバーという装置

この装置は洗浄集塵装置ともよばれ、本体の下から有害ガスや有毒物質を集め洗浄液を吹きかけて液滴・液膜・気泡などによってそれらを洗浄し限りなく綺麗な状態にして外へ排出さるものです。

主に工業関係で使われており、大気汚染防止には無くてはならないものになっています。また、スクラバーにも色々なタイプがあり、溜水式・加圧水式・充填塔式・回転式の4型があってどの型も大量のガスを高い集塵率で処理する事ができる優れものです。

ただ、洗浄水を使用する為廃水処理を考えなければいけないという点がありますが、地球環境を考える上で大事な事です。

スクラバー(大気汚染防止装置)について

スクラバーという言葉は、洗浄塔を意味していて、大気汚染防止装置の一つを示しています。ガス状の汚染物質の排出を抑制する重要な機器です。化学実験、化学工場、製造工場などで発生する有害ガスや塵を、吸着、水洗、薬液中和処理等をして取り除き、きれいにして大気に放出します。

スクラバーは縦に長い筒状の大きな装置で、塔の内部にアルカリ性または酸性の洗浄液を噴出させて、汚染物質を中和し除去する「湿式」や、高性能フィルターや活性炭を用いた吸着剤に排気を通すことで、有害物質のみを吸着させる「乾式」という方法があります。洗浄液を使用する場合、廃水処理の必要があります。

産業廃棄物を浄化するスクラバー

化学実験や製品加工の過程で、人体や環境へ悪影響を及ぼす有毒ガスなどの産業廃棄物が発生することもあります。

これをそのまま排出してしまうと、気分が悪くなったり作物が枯れてしまうだけでなく、数世代に渡って影響を及ぼしてしまう可能性もあります。そうした被害を防ぐため、産業廃棄物を浄化する機械がスクラバーです。

薬品を用いた湿式洗浄、吸収剤を用いた乾式洗浄など、中和したい物質に適した複数の洗浄方法を選ぶことができます。ゴミ処理場や工場、病院、製品開発の研究所など、さまざまな現場でスクラバーは取り入れられています。

スクラバーの種類によるメリットとデメリットについて

スクラバーは環境被害を増大させる有害物質を無害なものに変える装置であり、販売メーカーによって装置の名称だったり処理システムが異なります。縦型と水平型があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

縦型は、気液接触効果が高く、省スペースで設置できるなどのメリットがありますが補給水量が多かったり、フラッディングが起こりやすいといったデメリットもあります。

水平型は、充填物のステージを増やすことができたり、フラッディングが起こりにくかったりするなど様々なメリットがありますが、設置スペースが大きくなるため、大きい工場でなければ設置が難しくなります。

スクラバー導入に関しての注意点

有害物質を中和や、室内の空気を循環して清浄化させることのできるスクラバーですが、導入の際にいくつか注意点があります。まず、排出量や用途にあったタイプを選ぶことです。

小型タイプは場所を取らず導入しやすいものの、排出量が多いと処理しきれないこともあります。次に、点検やカートリッジの交換を定期的に行うことです。メンテナンスを怠ってしまうと、作業効率が落ちているのに気付かなかったり、故障していて有害物質をそのまま排出してしまう危険があります。

最後に、導入直後は業者立ち合いのもと動作確認を行うことです。万が一初期不良にあたってしまったとしても、納品から期間が経ってしまうと保障適用外となってしまいます。

スクラバーに関連する記事

HAPPY RECYCLEホーム リサイクルショップ リサイクルショップ大阪 スクラバー スクラバー機能 スクラバー装置 遊具 公園施設

HAPPY RECYCLEでは不用品買取や中古品買取サービスを行うリサイクルショップのリサイクル情報をご紹介しています。他にも環境に配慮したスクラバーについてのコンテンツもおすすめです。大阪のリサイクルショップやスクラバーの詳細については各企業サイトをご覧ください。